はじめてのエシカルQ&A

数字でわかる食品ロス
冬場に生で食べられる卵の賞味期限は?

冬場に生で食べられる卵の賞味期限は?

  1、7日間
  2、17日間
  3、57日間

答えは3です!

卵を生で食べられる日数は、夏と冬で違います。
日本卵業協会によれば、夏は産卵後16日、冬は57日以内とされています。

レストランなど法人向けの卵は、「温度管理がしっかりしている」という理由で、夏と冬で賞味期間を変えています。

でも、一般消費者であるわたしたちがコンビニやスーパーで買う卵は、夏も冬も、「夏に生で食べる」という前提で、パックしてから一律2週間と決められていることが多いのです。

loss_4_2.png

おうちで食べる卵、毎回、生で食べますか?
「はい!」という人もいるでしょう。
わたしも、美味しい醤油をちらりとたらした卵かけご飯が大好きです。
パリッとした海苔があれば最高。

でも、コンビニやスーパーで買っていかれる卵の100%が、生で食べられているでしょうか。
お弁当のおかずの卵焼きにしたり、朝食の目玉焼きにしたり、休日のホットケーキ作りで使ったり、火を通して食べることも多いのではないでしょうか。

「賞味期限が過ぎても、きちんと保管してあれば、火を通せばしっかり食べられる」ことを思い出してください。

市販の卵のパックに書いてある表示も読んでください。
「賞味期限が過ぎたらすぐ捨てましょう」とは書いていないはずです。
賞味期限が過ぎたら加熱調理して早めに食べましょう、と書いてあるはずです。

loss_4_3.png

にわとりは、どのくらいかけて卵を産むと思いますか?

24時間以上かけて、ようやく1個の卵を産み出すのです。

人間にとって、卵はスーパーの特売品やチラシの目玉商品に過ぎないかもしれません。

でも、もし自分がにわとりの立場だったらどうでしょう。
人間が勝手に短めに決めた期限が過ぎたからといって、まだ十分に食べられる卵を、簡単に捨ててしまうなんて、
にわとりにしたら、せつないと思いませんか。

卵は、にわとりが命をかけて生み出したもの。
命ある限り、愛おしんで食べてあげましょう。

プロフィール
井出留美(いで・るみ)
食品ロス問題ジャーナリスト。近著『食品ロスをなくしたら、1ヶ月5000円の得!』(マガジンハウス)『賞味期限のウソ 食品ロスはなぜ生まれるのか』(幻冬舎新書、4刷)。第二回食生活ジャーナリスト大賞(食文化部門)受賞。Yahoo!ニュース個人オーサーアワード2018受賞
井出留美の記事一覧

最新記事

人気記事