はじめてのエシカルQ&A

数字でわかる食品ロス
食品ロスは日本でどのくらいあるでしょうか?

  1. 東京都民の年間食事量
  2. 愛知県民の年間食事量
  3. 大阪府民の年間食事量

消費期限の手前の「販売期限」で棚から撤去され廃棄されるコンビニの弁当類(コンビニオーナー提供)。

答えは「① 東京都民が一年間に食べる量」です!

東京都民は、およそ1300万人。都民の年間食事量とほぼ同じ量の643万トンが食品ロスです(平成28年度食品ロス年間発生量 2019年4月12日農林水産庁発表データより)。これだけたくさんの人たちが、一年間、食べていけるだけの食料を、わたしたちは、毎年、捨ててしまっています。

2011年3月11日、東日本大震災が起こりました。被災地はもちろん、首都圏でも、スーパーやコンビニの食べ物が棚から消えました。いつでも、なんでも、どこにでも食べ物がある、というのは、当たり前の状態ではないのです。

faq_190823_01.jpg

東日本大震災後、勤務先の食品を支援物資としてトラックで運び、積荷を下ろす筆者

東日本大震災から年月が経ち、今でも避難している方々がいらっしゃいます。それなのに、わたしたちは、食べ物のありがたみを忘れてしまっているように見えます。

イタリアで、代々、肉屋さんを営む男性は、豚が食肉として処理される現場に行くと、「とてもつらい」と涙を流します。
吊るされ、血を流す、豚たち。
残酷な光景です。
でも、これが、いのちをいただく、ということなのです。

faq_190823_02.jpg

ベトナム・ハノイで豚の丸焼きを作るため処理される豚(筆者撮影)

魚も同じ。
野菜も果物もそうです。
人は、生きていくために、彼らの命をいただいています。
食べ物をいただく、ということは、命をいただく、ということ。
命を捧げたものたちに感謝し、その命を最後までいただくのが、彼らに対する敬意です。

東京のある小学校では、牛乳の飲み残しが毎日たくさん出ていました。
牛乳のアレルギーなら仕方ありません。
そうではなく、嫌いだから飲まない子が大勢いたのです。

faq_190823_03.jpg

牛肉になる牛(筆者撮影。学校へ連れてきた牛そのものではありません)

ある学校栄養士さんは、その小学校へ、牛を一頭連れてきました。
こどもたちは牛のあたたかさに触れました。
生まれて初めて、乳搾りをしました。
牛からできたバッグやベルトを持ち寄りました。
栄養士さんは、牛の血液から牛乳ができていることをこどもたちに伝えるため、
赤い絵の具を溶いた水を200本のペットボトルに入れ、見せました。

この授業のあと、牛乳の飲み残しが激減しました。
こどもたちは、牛乳は、単なるモノではなく、
牛が命を削って生みだしたものだと理解したから、ではないでしょうか。

食べ物は、命そのものなのです。

プロフィール
井出留美(いで・るみ)
食品ロス問題ジャーナリスト。近著『食品ロスをなくしたら、1ヶ月5000円の得!』(マガジンハウス)『賞味期限のウソ 食品ロスはなぜ生まれるのか』(幻冬舎新書、4刷)。第二回食生活ジャーナリスト大賞(食文化部門)受賞。Yahoo!ニュース個人オーサーアワード2018受賞
井出留美の記事一覧

最新記事

人気記事