はじめてのエシカルQ&A

数字でわかる食品ロス
食品ロスは世界でどのくらいあると思いますか?

食料生産量に対して

  • 3分の1
  • 4分の1
  • 5分の1

PAKG160323450I9A4809_TP_V.jpg

ぱくたそ(www.pakutaso.com)

答えは「世界の生産量の3分の1」です!

答えは「世界の生産量の3分の1」です!毎年13億トンの食料が捨てられています(2011年、FAO:国際連合食糧農業機関の報告「世界の食料ロスと食料廃棄」による)。作った食べ物の、なんと3分の1も捨ててしまっています。

「働き方」が問われる昨今。
こんなに捨てるのなら、最初から作らなければ、
働く人は、ずっとずっとラクだったのではないでしょうか。

MS-SJlEs.jpg-largeのコピー.jpeg

消費期限の手前の「販売期限」で棚から撤去され廃棄されるコンビニの弁当類(コンビニオーナー提供)。

働く人だけではありません。
牛や豚や鶏、魚の命も失われずに済みました。
そして、生き物やお米を育てている生産者の方々の苦労も。
農産物から食べ物を作る人たちや、それを運ぶ人たち、
売る人たちの努力は、ぜんぶ、無駄になってしまいました。
電気やガス、水道など、エネルギーもです。

こんな生活を続けていると、地球が1つでは足りないそうです。
世界の人口は、2050年までに、90億人を超えて100億人に近づきます。
食べ物が足りません。飢えや栄養不足で苦しむ人は約8億人、5歳未満の発育阻害のこどもたちは約1.5億人います。(国連「世界の食料安全保障と栄養の現状」2017による)正確に言うと、食べ物は足りているのに、必要なところへ配分されていないのです。

Iderumi_harumaki.jpg

青年海外協力隊の食品加工隊員として活動していた筆者。フィリピンの村で野菜の摂取を増やすため、栄養価の高いモロヘイヤを刻み、現地の人が好む揚げ春巻きの中に入れる調理方法を指導している(協力隊関係者撮影)。

ある大学生が、食品ロスのことについて、同級生に一生懸命、減らす必要性を話したそうです。
でも、まったく伝わらない。
同級生は「食品ロスが増えようが減ろうが関係ない。日本の食品ロスを減らしても飢えている国が助かるわけではない」と答えたそうです。

大学生は、私に「どうやって説明すればわかってもらえるのでしょう?」と聞いてきました。

私は「地球をひとつの家だと考えたらどうですか」と伝えました。
もし、地球がひとつの家で、みんなが家族だったら。
食べ物に困っている家族がいれば、余っている食べ物は、分けてあげるでしょう。

フィリピン豚の丸焼き.jpg

フィリピン・シキホール島で作る豚の丸焼き、レチョン(筆者撮影)。

世界は広く、食べ物を運ぶには時間とお金がかかるので、そう簡単にことはうまく運びません。
でも、ある家族が大量に食べ物を捨てているのに、別の家族が飢えている、というのは、1つの家だと考えると、どう考えてもおかしな話です。

食べ物は、本当は、地球が生み出したものです。
食べ物は、命の恵みです。
地球で暮らしているみんなで、分け合って、食べていくものです。

地球をひとつの家だと考えれば、闘いも起こらないはずです。

プロフィール
井出留美(いで・るみ)
食品ロス問題ジャーナリスト。近著『食品ロスをなくしたら、1ヶ月5000円の得!』(マガジンハウス)『賞味期限のウソ 食品ロスはなぜ生まれるのか』(幻冬舎新書、4刷)。第二回食生活ジャーナリスト大賞(食文化部門)受賞。Yahoo!ニュース個人オーサーアワード2018受賞
井出留美の記事一覧

最新記事

人気記事